おうちごはん

夜ご飯にたこ焼き

Posted in おうちごはん on 1月 9th, 2017 by chibirashka – Be the first to comment

なんと、今日は夜ご飯がたこ焼きw
たまにはこんないい加減なジャンクな夜ご飯でもよかろう。
read more »

Share/Save

割烹 山映の黒豚しゃぶしゃぶを自宅で

Posted in おうちごはん on 1月 8th, 2017 by chibirashka – Be the first to comment

自宅でしゃぶしゃぶ

今日は気温も低く雨も降ってとても寒い。
こんな日は鍋が食べたい。

珍しくゆっくりできる日だし、なんかいいものを食べたい!
というわけで、今夜は、鹿児島の老舗割烹「山映」さんの、黒豚しゃぶしゃぶを自宅で。

read more »

東京カリ〜番長のカレーホムパ

Posted in Foodie, おうちごはん, サービスデザイン, ホームパーティ・社内イベント, 食べ物 on 11月 13th, 2016 by chibirashka – Be the first to comment

curry3

昨日は友達のおうちでカレーパーティ。
家庭で作るカレーといっても、作ってくれたのは「東京カリ〜番長」の仁輔くんと、リーダーだし、カレールゥではなくスパイスで作るカレーだし、本格的!
read more »

UberEATSが東京上陸!

Posted in Gadget / APP / Goods, おうちごはん, アプリ, ソリューション on 9月 29th, 2016 by chibirashka – Be the first to comment

UberEATS
今日は会食が一つキャンセルになり、珍しく夜家にいれる。しかしなんだかヘトヘトでご飯作る気力も、創作意欲をかきたてる食材もなく、どうしよっかなーと思ってたとこに、思い出した。UberEATSが日本に上陸したことを。
https://ubereats.com/tokyo/

ってことで、今日の夜ごはんはUberEATSにしてみたので、ご紹介。
read more »

AFURI(阿夫利)のカップ麺

Posted in おうちごはん, カフェ・レストラン on 3月 13th, 2015 by chibirashka – Be the first to comment

afuri3

私はラーメン評論家でもなければ、ラーメンがものすごく好きというわけでもないし、外食でのラーメン屋率がそう高いわけでもないのに、AFURI好きな人として友達からは認知されています。(なぜだー!)

ま、ラーメンを食べる率はそう高くないけど、食べる時にはほぼAFURIだから…ということはあるのかも!?

原宿のAFURIの裏辺りに住んでいた時には「AFURI好きが高じてついに原宿に引っ越したか…」と思った人もいるかもいないかもしれませんが、それは逆で、原宿駅から家への帰り道の途中にAFURIがあるので、AFURIに行く頻度が一般の人よりはやや高く、それゆえ、チビラーシカといえばAFURIみたいになってしまったのかもしれません。

特に、当時はAFURIといえばまだ恵比寿か原宿といった具合で、ようやく中目黒に出店し、今度は麻布十番か…とか言っていた時期だったので、お店に行ったことがある人が今よりは少なかったからというのもあるかも。

それはそうと、そのAFURIのカップラーメンが発売されました。
これは一応食べてみなければなるまい!という謎の使命感がわいてきたため、これまた友達の期待を裏切ってはなるまい!と箱買いしてみました。

前置きがだいぶ長くなりましたが、つまり今日はAFURIのカップ麺についてです。



read more »

旅先で作ってあげる日本家庭料理

Posted in New York, おうちごはん, 旅のお土産, 旅の持ち物・パッキング on 1月 12th, 2015 by chibirashka – Be the first to comment

Amish Market

すっかり更新しないでいるうちに年も明けてしまった。
慣らし運転ってことで(?)、色々考えずに、脈絡なく思い出したことを記事にしてみようと思う。

ニューヨークの友達の家で、日本の家庭料理を作ってあげた話。
パッキングしていった食材や調理器具、作ったものなどについて。



read more »

Vitantonioでモッフル

Posted in おうちごはん, モノ、グッズ on 1月 7th, 2012 by chibirashka – Be the first to comment

[Summary of this article]
I cooked Moffle for lunch. Moffle is waffle shaped mochi -japanese rice cake. I have Vitantonio’s waffle maker and used it to cook this by placing mochi on the plate instead of batter. As topping on the moffle, you can chose anything you think that’ll harmonize well with rice. As for me, I cooked Kimpira, and grilled miso-marinated chicken beforehand for topping. For mochi, 5-min heating with Waffle maker. Moffle is quick and easy-prepared and yummy.

———-

ランチにVitantonioのワッフルメーカーでモッフルを作った。
モッフルは餅版ワッフルのこと。

夫がお腹すいたというのでランチの準備をしようと思ったけど、ご飯も炊いてないしパンやベーグルもない。スパゲッティという気分でもないしどうしようかなと思っていた時に、お正月用のお餅が残っているのを思い出した。

海苔やきなこっていうのもなーと思いつつキッチンを見回すと、Vitantonioのワッフルメーカーが目に止まり、前からやろうやろうと思っていて、ワッフルメーカー出すのが億劫でやっていなかったモッフルを作ることに決定。

モッフルはいいとして具は何にしようかと考えた結果、まぁ、餅だしご飯に合うものなら何でもOKに違いないと思い、これまたおせち用と思って買って使っていなかった食材できんぴらを作り、おせちに入れようと仕込んだまま食べるのを忘れていた鶏の西京漬けを焼くことにした。

具材を先に用意してから、Vitantonioのスイッチオン。
ビタントニオのワッフルメーカー

どうやって使うんだか忘れたけど、念のためシリコン製のブラシで少しだけ油を塗ってから、餅を配置。
ビタントニオのワッフルメーカーのプレート上に餅を配置

餅が分厚いのでちゃんとは閉まらないけど、気にせず蓋を閉める。
そのうち、餅が柔らかくなって蓋もだんだんしまる。
5分ぐらいして蓋を開けてみると、おぉ!!
モッフル

特にくっつくこともなく簡単にプレートから取れる。
そしたら盛り付け。チャラーン。
具を盛りつけたモッフル

きんぴらの方は、モッフルにまずマヨネーズをシャーシャーとかけてから、水菜をのせて、その上にきんぴらを。
西京漬の方は、モッフルの上に大葉を置いてから鶏をのっけてみた。

手で食べれるし、手軽で美味しい!
これ、絶対中華あんとか作ってかけたら美味しそうだな。今度やってみよ。

ちなみに、VItantonioをワッフルメーカーとして正しく使った場合には、こんな風にワッフルができあがります。
何年か前に作ったやつだけど。
ビタントニオワッフルメーカーで作ったワッフル

おせち2012

Posted in おうちごはん on 1月 4th, 2012 by chibirashka – Be the first to comment

[Summary of this article]
Happy New Year!
I cooked Osechi on New year’s eve. Osechi is Japanese traditional new year’s food and generally packed in layered boxes. Cooking Osechi takes long time and costs much and it might make you decide to buy a commercially-prepared Osechi. But still, if you cook it by yourself, it’s more safe and tasty without “overdose” of sugar, salt, preservative and additives. Below the photo, the first list is a menu what I cooked, and the second list is prepared foods which I bought so that I can put in a box together with my dishes.

———-

明けましておめでとうございます。
1年の振り返りをしないうちに年があけてしまいました。

大晦日は振り返りブログを書く余裕もなく、おせちを作ってました。

去年、一昨年とOisixのおせちを買った気がするけど、今回は注文しそびれてしまったのと、なんだかんだおせちって自分で作った方が美味しいので。それに自炊と同じで、自分で作ればあまり好きじゃないものを入れずに好きなものをいっぱい入れられるw

食材費と工数を考えると圧倒的に市販のおせちのお重の方がコストパフォーマンスがいいんだけど。

おせちに入れるお料理には、一つずつ意味があるわけだけど、私にとってのおせちは、「正月休み中の毎回の食事の献立を考えずにすませるための、事前に作るでかい弁当」なので、細かいことにはこだわらない。

毎回、おせちって何入れるんだっけ?と忘れてしまうので、備忘録として書いておく。

【作ったもの】

  • 田作り(くるみ入りごまめ)
  • たたきごぼう
  • まり麸の煮物
  • お煮しめ
  • 有頭海老の甘煮
  • 鰤の塩焼き
  • 鶏の西京味噌漬け焼き
  • ちくわのクリームチーズ
  • ちくわの明太バタークリーム
  • ちくわきゅうり
  • 生野菜の生ハム巻き

【買って盛りつけただけ】

  • かまぼこ(紅白)
  • 伊達巻
  • 玉子焼き
  • 昆布巻き
  • いくら
  • 栗きんとん
  • 黒豆
  • こはだ酢漬け
  • 酢漬けタコ

調理した品数は、ホームパーティと比べても大したことないんだけど、おせちに入れる時って、いつも以上に除菌・殺菌とかに気を使うし、お煮しめにしても普段作る煮物以上に下準備や飾り切りをきちんとするから、想像以上に時間がかかるんだよね。

保存料とか入れない分日持ちはしないだろうと思うけど、糖分や塩分がどのぐらい入ってるか自分で分かってるからやはり安心。練り物系なんてただでさえ塩分多いのに、お煮しめとかまで全部市販品だとちょっと怖い。

田作りとか生ハムとかちくわとかは、元旦の河内家大集合の会にも持っていったけど、喜んでもらえたし、作り甲斐があったー。

今年も元気に美味しいものがいっぱい食べれますように!

Chibirashka Lounge

Posted in おうちごはん, カフェ・レストラン on 9月 13th, 2011 by chibirashka – 1 Comment

invitation card of Chibirashka Lounge

9月1日(木)、2日(金)、3日(土)の3日間、Chibirashka Loungeを開催してみました。

ざっくり言うなれば、私が超個人的に期間限定でオープンしたBarです。

私はわりと頻繁にホームパーティを開くけれど、ホームパーティだと、メンバーが、あくまで普段とても親しい人、呼びやすい人に限定されてしまうからもう少しだけ、メンバーを拡張してみたいなと。

場所は、我が家の近所に、自宅以外に借りているもう1つのマンションの一室。
普段は夫が面倒を見ているいくつかの会社のメンバーが出入りしオフィスとして使ってます。

このマンションを借りた当初(2年前ぐらい?)は、ほとんど常駐者がいないはずだったので、私の好みで自宅並のくつろいだ雰囲気にインテリアをコーディネートしたのだけど、Chibirashka Loungeで貸してもらうため久々に下見に行ったら「The Office」仕様になっててビビリました。

今や10人ぐらいで作業することもあるそうなので、仕方ないというか、そんなに人増えたの?とびっくり。

バースツールの代わりにワークチェアなのはご愛嬌ってことで…。照明絞ってキャンドルおいたらオフィスよりは若干家風じゃない??この部屋からは西新宿の夜景も見え、天気がよければルーフバルコニーに出したガーデンテーブル&チェアで飲んでもいいんです。あいにくの台風でしたけど…。あと写真だと見えないけど、ソファやラウンジチェアもあって、そっちでダラダラしても良し。

Chibirashka Lounge

Chibirashka Loungeは今回は初開催で、思いつきと勢いでコーディネートしたはいいけど、ほんとに上手くやれるかよく分からなかったので、結局はホームパーティに普段呼ぶぐらいの仲良しレイヤーの人達と、プラスアルファ、仕事でお世話になっている人のごく一部をご招待。

思いつきと勢い、遊びでやるにしても、やはりここは大人の遊びなので、ある程度気合を入れて準備しようと思い、けっこう投資しましたww 来てくださるみなさんにカクテルを処方したかったので、自宅で揃えるにはちょっと無理な量の、ちょっとしたスナックよりは揃ってるんじゃないか?ぐらいのリキュールやスピリッツを準備。

バーカウンター上のスピリッツ・リキュール類

「カクテル作れるの?」などとご質問くださった方がいるのですが、そうそう、私、若い頃、ショットバーでバーテンダーのバイトを数年やっていたので、最低限のことはできるのです。もっとも、私が働いていたのは銀座とかにあるような格式高いバーではなかったので、厳格なバーテンダーとしての教育を受けたわけではないのですが…。

そういうわけで、現役当時(?)は、スタンダードなカクテル100種類ぐらいはカンペとか見なくても作れたものです。(というか、カンペとか見てたら仕事にならないし…)それも、10年以上も前のこと。今やすっかり忘れ、今回のChibirashka Loungeではカンペ見まくりでしたが…ww

台風と時期がかぶってしまったので、閑古鳥が鳴くかも知れないなーとも思っていたけど、蓋をあけてみたら、たくさんの人が来てくれました。ありがとう!色んな人に一気に会えて楽しかったなー。

今回のコンセプトは、なんとなくサボりたい感じの大人のための「真夏の夜の保健室」で、ゲストの相談事や悩み事を聞く場にするつもりだったのですが、思いのほか混み合ったので、結局あまり話も聞けず…。

しかし、このコンセプトを謳った瞬間から、なぜか白衣を期待する人が多かったので、やはり形から入るの大事と思い、白衣も買ってみました。でも、実際には着てると暑いし動きにくいから、写真撮影用(?)にしか着なかったけど…。

わっすん撮影

わっすん撮影

さ、ここからはカクテルの写真です。

SEX ON THE BEACH

シャンボールベースのSEX ON THE BEACH

すっきりバナナ

ピサンガルーダベースのすっきりバナナ

暗すぎて色がさっぱりわからないけどMatador

暗すぎて色がさっぱりわからないけどMatador

これも暗いけど、チェリーブランデーの入るDesert Healer

これも暗いけど、チェリーブランデーの入るDesert Healer

Pineapple Fizz

Pineapple Fizz

SATCでおなじみ、COSMOPOLITAN

SATCでおなじみ、COSMOPOLITAN

チョコミントアイスが好きな人はみんな大好きGrasshopper

チョコミントアイスが好きな人はみんな大好きGrasshopper

Angel's TipとWhite Russianの間の子のようなプースカフェスタイルカクテル

Angel's TipとWhite Russianの間の子のようなオリジナルのプースカフェスタイルカクテル

ピンクのスノースタイルにしたFlamingo Lady

ピンクのスノースタイルがかわゆいFlamingo Lady

テキーラベースのゆうちゃんスペシャルとノンアルコールの淳姫スペシャル。両方ともグラデをかけました。

テキーラベースのゆうちゃんスペシャルとノンアルコールの淳姫スペシャル。両方ともグラデをかけました。

今回、これ以外に、まぁ、私の好みだからというのもあり、

  • オーガズム(ベイリーズなど)
  • Kiss Me(フランジェリコなど)
  • ガルフストリーム(クレームドペシェなど)

あたりをよく作りました。

私にとってカクテルとはIAへの興味の出発点といっても過言ではなく(これは別途説明の予定)、そういう意味では、IAコミュニティに関わらせてもらっている今のタイミングでカクテルを処方するというのは、私にとってはとてもつじつまが合う(いや、そうでもないか…)ことなんだけど、きっと多くの人にとっては「?」なことだったでしょう。

でも、私の趣味に付き合ってご来店くださったみなさま、そして、黒服担当の84ken(SCHEMA)、チィママmogmog(コアゲート)、ありがとうございました!

また2-3か月に1度開催できたらいいなーと思っているので、懲りずにぜひお付き合いくださいませ。

非アウトドア女子のためのおうちバーベキュー

Posted in おうちごはん, モノ、グッズ on 5月 6th, 2011 by chibirashka – Be the first to comment

BBQ at home

今年のゴールデンウィークはどこにも行かないことにしていたので、唯一の大イベントが今日(こどもの日)にチケットをとっていたシルク・ドゥ・ソレイユの「クーザ」東京公演。でも、それだけで終わってしまうのはちょっと残念じゃないかと思い、夜中に突然「そうだ、バーベキューでもやろう!」と思い立った。

アウトドアとかさっぱりだし、バーベキューも嫌いじゃないけど、いつもは友達に誘われてついていくぐらいで自分で主体的にやったことがないから、道具も何一つ持ってない。

でも、すぐやりたい!

…というわけで、Amazonと楽天ネットスーパー(東急ストア)で夜中のうちに全部手配して、今日はクーザを見に行き、クーザーから帰宅後、注文品を受け取り、おうちバーベキューを敢行!

AM2:00か3:00に注文して、PM7:00には全部揃ってるって楽ちんで素敵!

【とりあえず揃えたバーベキューの道具】

【具材例】

  • 野菜(なす、玉ねぎ、ピーマン、長ネギ、ししとう、キャベツ)
  • きのこ類(生椎茸が売り切れだったのでエリンギだけ)
  • 肉類(黒毛和牛A5等級カルビ、鶏肉、豚バラブロック)
  • 魚介類(ほんとは貝が欲しいとこ。手に入らず断念)
  • 麺類(やはり、焼きそばはやりたい!)
  • 飲み物(我が家はプレミアムモルツ)

【食材準備】

  • やっぱり、形から入るのが大事ということで、鶏肉(塩コショウ)とネギはスキュアにさしてみた。
  • それ以外は食べやすく適当に切る。
  • オリジナルバーベキューソースを考案し、豚肉をマリネードしてみる。

BBQの具材の一部。鶏肉とネギはスキュアに刺す

なんか、日本でBBQっていうと、焼肉屋さんみたいな感じで、焼いた肉を焼肉のタレにつけて食べるのが一般的な気がするんだけど、アメリカだと自家製のバーベキューソースに肉を漬け込んで、それを焼くのが普通な気がする。スーパーにもバーベキューソースって色んな種類が売ってるし。アメリカの料理番組でもBBQソースの作り方とかよくやってて、いちいちレシピは覚えてないけど、なんとなく濃厚なソースが出来上がればいいんでしょ、とイメージだけはあり、適当に作ってみることに。

【chibirashka特製BBQソース】

chibirashka's BBQ sauce

(材料)玉ねぎ1個、にんにく1かけ、ケチャップ大さじ5〜6ぐらい、ウィスキー50mlぐらい、ペルーシュブラウンシュガー(下の写真参照)5個ぐらい、水50mlぐらい、Oisixの「野菜と果物完熟ソース」大さじ3〜5、普通のウスターソース大さじ3ぐらい、粒マスタード大さじ1.5ぐらい、バター10gぐらい、こしょう少々
※目分量で作ってるから分量はかなりいい加減。ケチャップは1リットルじゃなくて大さじで計れるぐらいの量なのね、粒マスタードは1瓶とかいう単位じゃないのね、ぐらいの参考にしてもらえれば…(って、全然参考にならんか…)

(作り方)

  1. 玉ねぎとにんにくはフードプロセッサーで細かなみじんに
  2. フライパンにバターと1を入れ5分ぐらい炒める
  3. 残りの材料を入れ、20分ぐらい火にかける

豚バラブロックを1cm幅程度にカットしたものを、このバーベキューソースにしばらく漬け込んだ。ほんとは丸一日とかマリネードすると味が染みてよさそうだけど、まぁ急ごしらえってことで。

作ったソースはマリネードに使う分以外は保存容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

chibirashka's BBQ sauce
※写真左のオレンジの箱がペルーシュ(ブラウンシュガー)

というわけで、おうちバーベキュー作戦は大成功!

河原とか別荘地とかで…って思うと、めんどくさーい!ってなるけど、家のバルコニーだったら、アウトドア用のカトラリーとか買わなくても必要なものはキッチンにあるし、手軽。

しかもバーベキューコンロがかなりいい!これはだいぶおすすめ!

冒頭の写真では網の位置を高くしていたけど、この写真のように低くすることもできる。
BBQ at home

見えにくいかもしれないけど、蓋は裏返すと鉄板として使えるので、網を外したらこうして蓋鉄板を載せて焼きそばを作ることもできる。
バーベキューコンロで焼きそば

しかし、何よりも、コンパクトでシンプルで美しい!
SOTOデュアルグリル

バーベキューって火の始末も大変なイメージがあるけど、私が買ったこのソト(SOTO) デュアルグリルは、卓上に置けるタイプなので狭いベランダでも使えるし、消火の手間もいらず、神経質でない人だったら、蓋をしめとけば次回のバーベキューまでそのままでもOK。使った炭を次回そのまま使える。

これだったら、夫が飲み会とかでいない時とかに、1人バーベキューとかしちゃってもいいかも!
さぁ、非アウトドアなあなたも(誰)、Let’sおうちバーベキュー!

おまけ1: お肉の匂いにそわそわするワンコさん達。焼きそば用のキャベツをもらえただけだったけど。
BBQの周りでそわそわするワンコさんたち

おまけ2:ジャスミンのお花が咲き始めてます。
ジャスミンのお花

—–追記(2011/5/6 13:44)
バーベキューコンロは蓋をかぶせるとこんな風になります。
SOTO bbq grill

そして、専用収納袋もついていて、こんな風に収納できます。
SOTO bbq grill