Archive for 3月, 2012

New iPad

Posted in Gadget / APP / Goods, iPhone / iPad / Mac on 3月 17th, 2012 by chibirashka – Be the first to comment

[Summary]

I bought the latest version of Apple’s iPad on the very release day, March 16th 2012. I’ve used the first generation of iPad so far without having any complaint and that kept me from subscription for the new one. But as I knew that it’s easy to get it this time compared to other Apple’s products like iPhones, I rushed into Apple store in Shibuya, Tokyo and got it with no hassle. The Retina display is so clear and beautiful. I don’t check closely other features yet. Actually I’ve never noticed how iPad was wonderful until I got hooked on Hulu these days. That means it took almost 2 years to notice, and maybe it will take another 2 years to find out how better this new iPad is.

————————-

日付は変わってしまったけど、今日3月16日、新iPadが発売された。

この間発表されて「へぇ」とは思ったけど、「これは何がなんでも買わねばならない!」とまでは全然思わなかったので予約もしていなかった。でも、いざ発売となるとやっぱり欲しいかも…と思い始めた。

予約購入しようとオンラインのアップルストアを見ると発送まで2-3週間、とかいうような表示が出てるし、なんかそんな時間かかると萎えるなー、かといってお店の前に並ぶのもな〜とか思ってるうちに当日に。

iPhoneにしろ、初期のiPadにしろ、アップルの新商品発売日というのはいつでも大行列で、それこそ1-2日前からお店の前に並んでる人だっているわけで、さすがに当日には手に入らないんだろうなーと思っていたけど、そんなようなことをTwitterでつぶやいていたら、「お店の前で呼び込みやってましたよ」とか「渋谷のアップルストアは全種類在庫あるみたいですよ」と教えてくれる人たちがいたので、早速アップルストアに行ってみた。

渋谷のアップルストアの前には「Wifi」という列と「4G+Wifi」という列が一応はあって、それぞれ2-3人ずつ並んでいる。その辺をウロウロしていたらそこにアップルストアのスタッフがやってきて、どのモデルにするか決まってますか?と尋ねてきた。「Wifiで白で一番容量がでかいやつ」と伝えると、こんなカードを渡された。

2-3分列に並んだけど、すぐに店内にどうぞと言われて、担当のスタッフがついてくれて、カバー買ったり色々付き合ってくれて(?)スルッと購入。あっという間だ。

で、色々野暮用を済ませて家に帰って、開封の儀(一応言ってみたw)を終えセットアップ。

Smart Coverは革製のタンにしといた。白のiPadに一番似合う!Chloeっぽいw

で、中身はというと、さすがRetinaディスプレイ。

画面が驚くほどキレイ!初代iPadと比べてみなくてもそのキレイさは圧倒的。

でもせっかくなので比較写真撮ろうと思ったけど、あまり上手に取れず写真だと全く違いがわからんので、載せないことにした。

で、その他肝心な中身は…というと、まだそんな色々使い込んでないので、まだなんとも分からない。

そもそも初代iPadの時も、買ったばかりの頃でさえあまり自分的に盛り上がりもせず、放置してる期間の方が長かった。むしろここ2-3か月、突然使い始めて「iPad、すごい便利じゃんか!」と思っているぐらいだ。ま、iPadが便利というか、Hulu専用マシンとして優秀、みたいな感じ!?というわけで、初代iPadの良さを分かるまでに2年ぐらいかかっているので、この新iPadの良さや初代との違いを感じられるのは2年後ぐらいかも…。

ちなみに、せっかく画面もきれいなことだし、早速日経新聞でも読むか、と思って新iPadでアクセスしたら、こんな画面が。記事閲覧はできるけど、保存とか印刷とかが正確にできない、というアラート。

新iPadでは日経新聞の機能の一部が対応していない。近日中に対応とのこと。

ま、いいや。

普段MacBook Airの11インチ使ってると、そこまでiPadと重さ変わらんしなーとか思ったりするんだけど、やはりiPadのすごいところはバッテリーの持ちの良さ。終日外出とかカンファレンスのようなときだと、MBAのバッテリーは充電なしに持つことはまずない。でも、iPadだったらバッテリーをほぼ気にしなくて大丈夫。これが一番大きい。

来週からニューオーリンズでのIA Summitに行くんだけど、今回はMBAとの2台持ちでもなく、完全にiPadだけで行ってみようかな。仕事で困ることってあるだろうか…。

Share/Save

Hawaiiまとめ記事:2012年2月

Posted in Hawaii, まとめ記事 on 3月 11th, 2012 by chibirashka – 9 Comments

[Summary]

My husband and I went to Hawaii on Feb 4th thru 7th. It’s been only 11 month since last visit, but we experienced things we’ve never had before, such as whale-watching and saw breathtaking sunset and stars on the top of the Haleakala with hight of 3,055m in Maui. We stayed in Waikiki and had 1-day short trip to Maui.

2月4日~7日まで3泊5日でまたハワイに行ってきました。前回が震災直後の3月中旬だったので約1年ぶり。

今回の目玉はなんといってもマウイ。

2泊でハワイに行ったこともある我が家からしてみれば3泊はわりとゆったりスケジュールなんだけど、そのうち丸一日はマウイにいたので、弾丸 in 弾丸というような感じに。

 

ではまとめ。

 

【Air】

 

【Hotel】

 

【Activity】

 

【Food & Restaurant】

  • surf lanai:ロイヤルハワイアンでの朝食
  • Wasabi Bistro:友達におすすめされた日本食レストラン

 

【Shop】

今回の旅行で気づいたこと

  • カラカウアの一番目立つとこにVictoria’s Secretができていた。
  • トランプ・インターナショナルができたせいか、ワイキキトロリーのピンクライン(アラモアナにいくやつ)の運行ルートが変わっていた。以前はKuhio経由でサラトガのあたりからヒルトンホテルの辺に抜けていたと思うんだけど、Kuhioから一度カラカウアに入って、Quick Silverのあたりにも停車しLewer’sを通るようになっていた。
  • どこもかしこもTORY BURCHばかり。うっかり私もTORY BURCHのサングラスを買ってしまった。
  • モアナサーフライダーにRIMOWAのショップができていた。

United Club

Posted in Hawaii, Travel, フライト・エアライン・空港 on 3月 11th, 2012 by chibirashka – 1 Comment

成田

ユナイテッドの空港ラウンジが、Red Carpet ClubからUnited Clubに変わってた。

気づかなかっただけで前からそうだったかなー。前回、10月の出張の時はエコノミークラスだったし、7月頃に夫と旅行したときはANAのファーストラウンジだったから、いつUnited Clubに変わったのかわからん。

 

軽食とか内装は別に変わってなかったと思う。

成田に行く前にビックカメラで買ってきたカメラのレンズキャップなどをつけたり、iPhone充電したり、本読んだりして搭乗時間まで過ごした。

成田のUnited ClubではWifiが無料。

 

ホノルル

帰りにホノルルでも搭乗時間まで時間があったので、ラウンジへ。

いつものくせで、Wifiカードを受付でもらってからソファについたんだけど、よくよく考えたら、一昨年ぐらいにLAに行ったときに現地でT-mobileのWifiサービス契約をし、そのまま解約するのを忘れたまま、毎月(無駄に)35ドルぐらいずつ払い続けて現在に至っているので、こんなUnitedのWifiカードもらわなくても、Wifiできるんだったよ…とか思った。

>> Hawaiiまとめ記事:2012年2月 へ戻る

UA880/879:ユナイテッドビジネス

Posted in Hawaii, フライト・エアライン・空港, フライト(ビジネスクラス) on 3月 11th, 2012 by chibirashka – 1 Comment

一時期ハワイ線にも2階建ての最新機材が飛んでいてビジネスクラスもフルフラットの超いいシートだったんだけど、前回のハワイ線ビジネスクラスはフルフラットじゃなかったから、今度もそうかもと思ってあまり期待していなかった。

>> 前回のフルフラットじゃないとき

>> フルフラットの時

けど、今回のボーイング777は中身が多分リニューアルされていて、ビジネスクラスもフルフラットの最新シートだったから快適!

アメニティ類は前回と変わってなかった。

 

食事

ここからは食事写真。

最初に温かいナッツが出てきて

和食膳の前菜

和食のメイン料理とご飯

そして最後はデザートのアイスとコーヒー。なぜかエリーゼも。

ホノルル到着直前の朝ごはん

フルーツとクロワッサンとヨーグルト

>> Hawaiiまとめ記事:2012年2月 へ戻る

ホノルル国際空港のGold Lane

Posted in Hawaii, フライト・エアライン・空港, フライト(ビジネスクラス) on 3月 11th, 2012 by chibirashka – 1 Comment

マイレージサービスのプレミア会員やビジネス・ファーストクラスの利用者には、空港での優先レーン利用や優先搭乗のサービスがある。

 

ビジネス・ファーストクラスのカウンターでチェックインをスルリと済ませ、セキュリティチェックゲートへと向かったんだけど、いつもじゃ考えられないぐらいの長蛇の列!ホノルル空港はよく使うけど、こんなに並んでるの見たことない!

 

普段そんなに混んでいなければ、わざわざ優先レーンを使おうとは思わないんだけど、信じられないぐらいの混み方だったので、優先レーンがないかキョロキョロしたら「Gold Lane」(全航空会社共通)なるショートカットレーンを見つけた。

ビジネスクラスだから多分資格は大丈夫だし、ユナイテッドのプレミアエグゼクティブ会員であると同時に、スターアライアンスのゴールドメンバーでもあるので、使えないわけはなかろうとも思ったんだけど、本当にこのレーンに進んでいいか分からない。一旦、列を離れてしまって、もしこのGold Laneを使えなかったときには、またイチから並び直しというのも嫌だし…。

 

私たちの前に並んでいた中国人カップルは、私達の直前にビジネス・ファーストカウンターでチェックインをしていてゴールドメンバーっぽいことが分かっていたので、彼らに声をかけて「ちょっと一緒に見に行かない?」と誘い、夫と中国人の女の子を列に残し、私と中国人男性でGold Laneの列を見に行った。

 

保安員的な人に聞いてみたけど、そっけなさすぎてよくわからんかったので、そのレーンをまさに通過しようとしているビジネスマン風な人に聞いてみたら、「チケットに、Gold LaneのハンコもらってればOK」と教えてくれた。

 

そんなわけで、今度はチェックインカウンターに戻って「列が混んでるからGold Lane使いたいんだけど。」とチケットを見せると「あー、ビジネスクラスね。OK。Gold Laneのスタンプ押すわね」と、スタンプをもらった。(だったら、チェックインの時に押しといてよ!と思ったが)

 

ボーディングパスにこのスタンプがないとGold Laneを通れません

で、ついでに「この人達もゴールドメンバーだから一緒に優先レーン通りたいんだけど…」と中国人カップルの分も聞いてみたんだけど、残念ながら彼らのチケットがエコノミークラスで、Gold Lane使えるのはビジネスクラス以上だと言われてしまった。

 

あのショートカットレーンの名前が「Gold Lane」っていうのは妥当じゃないんじゃないの?とか思うのは私だけなんだろうか。「全社共通のゴールドメンバー」的なニュアンスが強いのに、実際にはゴールドメンバーか否かではなく、チケットのクラスに依存するとは…。

 

なんか、納得いかない…。

 

中国人カップル(女性がめちゃ可愛かった!)には申し訳ない気持ちいっぱいだったけど、私と夫は先にGold Laneでショートカットしてセキュリティゲートを抜けた。

(珍しくブレスレットが反応せずにスムーズに通り抜けられてラッキー!)

>> Hawaiiまとめ記事:2012年2月 へ戻る

The Royal Hawaiian – A Luxury Collection Resort

Posted in Hawaii, ホテル, ホテル on 3月 11th, 2012 by chibirashka – 2 Comments

空港から乗ったタクシーをホテルの正面でおりると、ベルスタッフ達がいつも通り「Aloha~」といってレイを首からかけてくれてくれる。

そのままチェックインカウンターに行くと、これまたいつも通り、私が勝手に「ぐっさん」と呼んでいるフロントスタッフが対応してくれる。いつもはここで、冷たいおしぼりと、グァバだかハイビスカスだかのスムージーが出てくるんだけど、今回はなかったなー。今回のフライトがなんだか5時間台でついてしまってホテルについたのが多分8時過ぎ頃と、いつも以上に到着が早かったからかも!?

>> ぐっさんと呼んでる理由

 

前回#1411という角部屋で、通常よりラナイ(バルコニー)が広くダイヤモンドヘッドもばっちり見えるいい部屋だったんだけど、夫が行けず、私が一人でそんないい部屋に泊まったものだから、夫が超羨ましがって絶対そこに泊まりたいというので、あらかじめリクエストを入れておいた。

>> 前回泊まった#1411という部屋

 

結局同じ部屋は埋まっていて取れなかったんだけど、同じタイプの部屋で2階下の#1211(タワーオーシャンフロント)を用意してくれて、到着が早いにも関わらずチェックインできた。

ベッド周り

 

リビングエリア

デスク周り

部屋に入るとこれまたお約束の「わぁ~!!海~!!」の時間があり、写真ぱちぱちやって、簡単に荷ほどきなどをしていると8:30を過ぎてしまい、9時からの予約を入れていたSpaへと急いで部屋を出た。

 

ラナイからダイヤモンドヘッド方向を見たとこ。時間はスパ後の12時頃。

ラナイからの正面。チェックイン直後の8:30頃。朝早くと日中では海の色が違う。

ラナイからハレクラニ方向を見たとこ。これもスパ後のお昼前後。

ターンダウンやギフト

毎朝のお部屋の掃除のほか、寝る前のターンダウンサービスなんかがあるんだけど、その時に色々ギフトを持ってきてくれる。チョコだったりバナナケーキだったり。バナナケーキは去年まではパウンドケーキ型で、ナイフで切り分けないといけなかったんだけど、今回はマフィン型だったので食べやすかったなー。

 

ハウスキーパー

みんなとてもフレンドリー。フロントやコンシェルジェスタッフではない、ハウスキーパー達も廊下などですれ違うと、みんな「Hi, Mrs. Kawachi」と名前で呼んでくれる。すごい!!

>> Hawaiiまとめ記事:2012年2月 へ戻る

Abhasa Waikiki

Posted in Hawaii, Spa / Beauty, スパ on 3月 11th, 2012 by chibirashka – 2 Comments

ハワイに来ると必ず行くのがこのスパ。去年も行ったけど記事にはしなかったな。

アバサワイキキはロイヤルハワイアンホテルのガーデンにある

チェックインするとすぐカウンセリングのためにソファに座ってカルテを記入。その時にはアイスティがサーブされる。

カウンセリングの時にサーブされるアイスティ

記入し終わると、男女それぞれのロッカールームを案内されて、トリートメント開始時間まではジャクジーに入ったり、リラックスルームでゆっくりしたり。

今回もアバサロイヤルコンビネーション(100分)で、ガーデンヴィラのカップルルームを予約していたので、セラピストに案内されてヴィラへ。

ガーデンヴィラでのトリートメント

好きな香りのオイルを選んで、ローブを脱いでベッドにうつ伏せになった後は、ガーデンのグリーンやお花を見ながら、鳥のさえずりを聴きながら言われるままに至福のひとときを。

そういえばアバサワイキキで使われているトリートメント用のラインナップが変わった気がして、トリートメント後に聞いてみたら、半年ぐらい前に完全にオーガニックなものに全部チェンジしたとか言ってたな。

>> Hawaiiまとめ記事:2012年2月 へ戻る

ホエールウォッチング

Posted in Hawaii on 3月 11th, 2012 by chibirashka – 4 Comments

ハワイ到着2日目は、早朝からマウイ島へ出かけた。QUOLITAで手配しといたオプショナルツアー。

>>QUOLITAというのはH.I.S.のちょっと高級チックなサービスライン

7:20にホテルにガイドが迎えに来てくれて、ホノルル空港へ。そしてマウイのカフルイ空港へ30~40分のフライト。

初めて乗ったハワイアン航空

「自然のものを見に行くのだから、万が一クジラが見えなくても返金はできません」的な免責事項が、ツアーの申し込みの時に書いてあるんだけど、この時期(2月)は絶対にそんな心配をしなくて大丈夫。空港から車で海沿いを走っているだけで、そこここにクジラが水面に出ているのが見える!Wow!

ラハイナの街を通りつつ、船が出航する港へ。

乗船まで30分ぐらい時間があったと思うけど、ものすごい日差しが強い。痛いぐらい。
サングラスがないとかなり厳しい。

ホエールウォッチングとハレアカラ星空観察に行く時の服装

船にのるとみんな上のデッキに行きたがるけど、1階(?)の方が意外と穴場と言われたので、行ってみたら席も取れてラッキー★

船にはクジラなど海洋研究をしているようなスタッフも乗っていて、アラスカからハワイに向かってこの時期にクジラがたくさん来るというようなこととか、説明してくれると同時に、「1時の方向、8時の方向」といった具合に、クジラが見える方向を教えてくれる。ザトウクジラは世界に7,000~8,000頭ぐらいいるらしいんだけど、そのうち3,000頭ほどがマウイで越冬するんだとか。

実際には、教えてもらわなくても自分ですぐに気づくほど、本当にたくさんのクジラがいる。

だんだん慣れてくると、クジラが水面近くにいるときには、水面がエメラルドグリーンというかターコイズカラーになることに気づく。クリスタルクリアで真っ青というか真っ黒に見えるような広い海原で、緑っぽい色に輝くところを見つけたら、「きっとクジラがここで潮吹いたり、背面跳びしたりするだろう」という察しがついて、太陽の反射が眩しいなか、目を凝らしてずっと見ていると、そのとおりクジラが現れる。

近い!!

しっぽが可愛い!

ダイナミック!

船に乗っている時間は2時間ぐらいで、そのうち、2回か3回見えるとかではなく、基本的には数分に一度は必ず、クジラを見ることができた。もちろん、すごく近い時もあれば、かなり遠いところもあって「これはすごい!」と思う瞬間はやはり10回はなかったと思うけど。

 

ちなみに持っていったカメラはPEN2。太陽がまぶしすぎて全然画面が見えなかったので、電子ビューファインダーを持っていけば良かった、などと思ったけど、意外とちゃんと撮れていたな。

動画はiPhoneで撮りました。撮影中かなり何度もクジラが現れるんだけど、0:20, 0:49, 1:01, 1:32, 1:43, 2:21あたりの映像がけっこういいと思う。一番おすすめなのは、1:43のシーン。超ダイナミック。ぜひ見てみてください。



ホエールウォッチングとハレアカラ星空観察に行く時の服装

>> Hawaiiまとめ記事:2012年2月 へ戻る


ハレアカラ山頂でサンセット&星空観察

Posted in Hawaii on 3月 11th, 2012 by chibirashka – 3 Comments

ラハイナの街をあとにしてハレアカラへと出発。しばらくするうちにだんだん天気が悪くなってきて、遠くの方では局所的に雨が降ってる様子が見え、さらによく見ると小さな竜巻も見えた。(すごい、大自然!)

こんな天気でハレアカラ登って、果たして夕日とか星空とか見えるんだろうか。
と思いながら車中を過ごしたけど、ハレアカラの標高は3,055m。そこはもう仙人が遊ぶ世界。というわけで、地上が悪天候でも頂上では晴れているということもあるしきっと大丈夫、とガイドさん。

とはいえ、風の向きとかによって、雲が山の上まで登ってきたりするとガラリと天候が変わったりもするらしく、結局は上まで行ってみないとなんとも言えないという感じではあった。

ハレアカラの中腹にはKulaという街がある。一気に頂上までいかず、Kulaにあるビジターセンターというかおみやげ屋さんで一旦休憩。水分をとりつつ、トイレにもよりつつ、軽くストレッチなんかもして、標高に徐々に身体を慣らしていく。山を登っていくにつれ気温が下がっていくので、車の中で少しずつ上着を足していった。Kulaに立ち寄ったときは小雨が降っていた。

ちなみに山頂へは、自分でハイキングとかで登るのではなく車で行くことができるし、ツアー客用にダウンコートも貸してくれる。我が家は全部自分達で持っていったけど。

ホエールウォッチングとハレアカラ星空観察に行く時の服装

頂上近くでもトイレ休憩などをはさみ、そこでも雲の上の絶景を楽しみながら、頂上へ。

駐車場から最後この階段を少し登ったらほんとの頂上!

ほんとに3,055mって書いてある!

それにしても寒い!日中ホエールウォッチングの時は日差しも強く、多分気温も30度近くあったんじゃないかと思うけど、これだけ標高が高いとほとんど0度近い。実際には5度とか6度とかはあるんだろうけど、この日は恐ろしいほどの強風。体感温度は実際の気温よりも大きく下回る。

寒くて仕方ないんだけど、それでもこのサンセットを見てしまうと寒さとか忘れそうになるぐらい感動!!

きれいー!

ハレアカラの頂上でサンセット

ワイキキのビーチとかだと、日が沈むまでにけっこう時間があるというか、ゆっくりサンセットを楽しめるけど、ハレアカラは(というか、この日風が強く雲が多かったからかもしれないけど)、夕日を楽しめる時間がほんとに短くあっという間。「わぁ〜!綺麗ー!写真、写真!!」とかやってるうちに終了。

でも、その後が長い。
というのは、ハレアカラの上って、日が沈んだ後(太陽が見えなくなったあと)もしばらくずっと暗くならずに明るいの。沈んだ太陽の周りが明るい感じというのではなく、沈んだのと反対側(東側)が美しい。なんと表現していいか分からないけど、ブルーとピンクとクリーム色の境界線ができてとてもきれい。

昼と夜の境目が視覚的に見えるのが「地球影」

飛行機に乗ってる時に時々見えるようなそういう景色。これって、「地球の影」(正しくは地球影:ちきゅうえい)って言うのだとガイドさんに教わった。昼と夜の境目ってことらしいんだけど、うまく説明できないので、詳しくはWikiをみてください。
>> Wikipedia: Earth’s shadow

ちなみに、太陽が沈んだ側ではこんな色。雲海も美しい。洞爺湖のウィンザーホテルの雲海もステキだったけど、ハレアカラの方がスケールがでかくて、すぐ手が届きそう。

太陽が沈んだ後の西側のハレアカラ

>> ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ に行ったときの記事

寒さも限界といったところで、みなバスに一旦避難。そしてバスの中でお弁当が配られて腹ごしらえ。そうしているうちに辺りは本当に真っ暗になって、月や星が見え始めた。

案内してくれたガイドさんは365日のうち340日ぐらいハレアカラにこうして登っている人で、この寒い天候には慣れっこのようだったけれども、それでも「今日は異常に風が強くて寒い!」と言っていたし、雲も多め。だから星空観測に絶好のチャンスというわけではなさそうだった。中腹では雨も降っていたし。

でも、そのおかげか、なんとMoonbow(Moon + Rainbow)が少しだけだったけど見えた。月の光で夜に見える虹なんだけど、雨が降ったりして適度に湿度が高かったせいかしら。Moonbowを見たい!と思っている人でさえそうそう見るチャンスに恵まれないのに、「Moonbowって何?」とか言ってる私が見ちゃってすみません。という感じ。それほどくっきりとまではいかなかったし、雲も多くてあっという間のことで、私のカメラの腕では撮れなかったけど。ちなみに頭上を見上げて見えたのではなく、なんと崖みたいなところから見下ろすようにして見たのでした。さすがの標高!

>> MoonbowのGoogle画像検索

月の周りにはくっきりとした光の輪が何重にも見えた。ヘタクソな私の写真の腕でさえ、それっぽく撮れるぐらいずーっと長い時間、輪の数や色を変えながら、美しい姿を見せてくれた。

月の周りに輪っかができてる

雲の流され方で輪っかの見え方が違って見える

幻想的ー。

星の方は、私が子供の頃3年ぐらい住んでいた山形で見た「文字通り数えきれないほどの空一面の星」というほどには見えなくて、ちょっと残念な気持ちだったけど、それでももちろんたくさん見えた。三脚を持っていないし手も悴むし、カメラの腕もないし…というわけで、あまりいい写真は撮れなかったけど、それでもいっぱい映ってる!わーい!

星いっぱい!ぶれてるけどー。

今度はぶれてないけど、月が眩しい!

割と本気の冬モードで着込んでいったけどそれでも寒すぎるハレアカラ。南の島ハワイでこんなに寒い想いをするとは!それでは、見たこともない景色がたくさん見れたし行くのに十分の価値はあった。

そして、もっとカメラをちゃんと使いこなせるように練習しようと心に決めた夜でもあった。

星空を見た後はバスで山を下ったけど、車中で男性2人ほどが窒素酔いで具合が悪そうだった。
地上につくと大雨が降っていた様子がうかがえた。Kulaでは一瞬に雨にあたったけど天上では雨に降られなかったし、かなりラッキーだったんじゃないかな。

ホエールウォッチングとハレアカラでの絶景鑑賞という贅沢な2つのアクティビティを堪能して、22時台のフライトでオアフに帰りました。

ホエールウォッチングとハレアカラ星空観察に行く時の服装

>> Hawaiiまとめ記事:2012年2月 へ戻る




ラハイナ(マウイの街)散策

Posted in Hawaii on 3月 11th, 2012 by chibirashka – 1 Comment

ホエールウォッチングを終えた後は、港に戻ってラハイナの街を散策する時間が1時間ほどあった。

車道の両脇にこじんまりとした商店が軒を連ねているけれど、ここではABCストアでさえもノスタルジックに見える。

ホエールウォッチングがちょうどお昼どきだったので、乗船時にガイドからサンドイッチを渡されていたけど、クジラを見るのに忙しくてとてもそんな時間がなかったし、船を降りるころには船酔いなのか分からないけど、異常に具合が悪くて結局ランチは食べずじまい。

 

Ono Gelato & Espresso Bar

食欲はなかったけど、「ここは美味しいよ」と教えてもらったので「Ono Gelato」のアイスクリームだけ食べることにした。

Onoはハワイ語で「美味しい」という意味。南国だけあってフルーツのアイスクリームの種類がいっぱい!

せっかくなので、ハワイらしく私はリリコイのソルベをチョイス。リリコイは、パッションフルーツのこと。ファーマーズマーケットとか行くとリリコイバターをいっぱい買ってしまうぐらい好き。甘酸っぱい幸せな味が口いっぱいに広がるよー。

街の中心部には樹齢140年ほどの巨大なバニヤンツリーが。四方八方に伸びる枝があちこちに木陰を作ってくれて、憩いの場所になっていた。

 

ラハイナビジターセンター

アイスを食べた後、ラハイナの街のおみやげ屋さんやその他のお店を、本気ショッピングするほどの時間はなかったので、なんとなく入ってみたのが、このビジターセンター。元々はコートハウス(裁判所)だった建物で、バニヤンツリーやホエールウォッチングのボート乗り場のすぐ近くにある。

入り口を入ってすぐ右手がお店のようになっていたので覗いてみた。

クジラを見た後だったので、なにかクジラちっくなグッズがあれば買ってもいいかなと思って、店番をしていたおじちゃんに聞いたら、絵があるよ、と見せてくれた。彼自身が書いた絵なんだとか。ちなみに名前はBryan。「俺は炎で絵を書く男なのさ」的なこと言っていて、よくよく話聞いたらキャンドルたきながら煤を使って描くっぽい。キャンドルはわからんけど、確かにシーリングワックスとか火にかけてる時って、けっこう煤が出るもんな。

ラハイナはアートギャラリーが多い街で、このおじさんの作品も近くのギャラリーで売ってるらしかった。A4サイズぐらいの作品で25ドルだったか30ドルぐらいだったので、おじさんとおしゃべりした記念でもあるし、買っていこうかなと思ったんだけど、そこではクレジットカードが使えず、しかも、その時夫とは別行動していて、自分のポッケにはキャッシュが3ドルぐらいしかなく、しかも、オプショナルツアーの集合時間まであと2分、みたいな感じで、時間もお金もなくて結局買えなかった…残念だ。

超残念がっていたら、「I’m an Englishman」とか言って、ジェントルマンだしね、的なニュアンスで、レイに使われるようなプルメリアのお花と爪楊枝で、ぱぱっと髪飾りを作ってプレゼントしてくれた上に、クジラの絵ではなかったけど、彼が煤で書いたというミニカードを記念にくれた。

ありがとう、おじちゃん!

というわけで、私はしばらくマウイには行くことがなさそうなので、誰かマウイのビジターセンターに行ったら、私の代わりにBryanの絵を買ってあげてください。

 

Lahaina Arts Society

http://lahaina-arts.com/home

>> Hawaiiまとめ記事:2012年2月 へ戻る