Archive for 10月, 2011

車に求める未来

Posted in IA / UX / HCD / UI on 10月 31st, 2011 by chibirashka – Be the first to comment

たまたまFacebookでリンクを見つけて、『トヨタ未来カーライフ研究所』にあったムービーを見てみた。

トヨタ未来カーライフ研究所トップページ

よく出来てるなと思うけど、なんだか釈然としない。

我々が車(あるいは自動車メーカー)に求めてるのって、こういうことなんだろうか?

データ引っ張ってきて実行させるようなエージェント的機能であれば、iPhone OS5で搭載されたSiriのように外部デバイス&ソフトウェアで解決すればいいんだし、何も車メーカーが声高にアピールすることではないような気が…。

このムービーの中で共感できた部分は、普通なら目視できない脇道の車の存在を教えてくれるとか、一番最後の自動で駐車してくれるとか、そういうところぐらい。

何よりも、一番の違和感は、ムービー内の風景が都市っぽいんだけど、東京とかニューヨークのような都市だと、そんなに車使う必要性がそもそもないから、車の中で何でもかんでも解決しよう(レストラン予約するとか花束手配するとか、家のエネルギーマネジメントするとか)とかいうシチュエーション自体がないというか…。

もちろん都内でも日常的に車使う人はいるし、ものすごい忙しい人には便利なのかもしれない。

でも、公共交通機関が充実しているような都内で、あえて車に乗る人で、なおかつ激忙しい人って、そもそもアシスタントがいたり、ちゃんとしたコンシェルジュサービス使ってる人の層なんじゃないかと思ったり…。

自分で予約・手配しないといけない(あるいは自分でやりたい)けど、電車には乗らないって人は(例えば、ホリエモンとか)、タクシー使うでしょう。

ムービーの中の登場人物は「豊田さま」なわけで、設定も豊田市や名古屋周辺なんだろうな、と思えばシナリオにも納得できるかも!?

顧客を増やすこと、顧客でいつづけてもらうことといった利潤をきちんと追求する企業活動のほか、国力にもつながるような技術的な将来像を示すこと、グローバル企業としての持続可能な社会実現のための活動などなど、トヨタさんぐらいの大企業になるとさまざまな責任があると思うので、単にこのムービー1つ取り上げて、いいとか悪いとか、そういう話はもちろんできないんだけど、1消費者の目線で見ても、IA/UX/サービスデザインに関わる会社にいる人間という立場で見ても、今ひとつピンとこないな、というのが正直なところ。

もちろん、このムービーが訴えたいのって、コンシェルジェサービス的な部分ではなく、より身近な存在(自分のことをよく分かってくれている)としての車といったコンセプトや、エネルギーに関すること、渋滞予測やアクティブセーフティといったこと…etc、さまざまな要素が含まれた、未来を想像させるものであるはずだから、都内のシチュエーション云々で「腑に落ちない」とワーワー言うのは、筋違いだろう。

いや、でもしかし、機能ありきで物語が進んでいる気がしてならない。

車内でソフトウェアレベルで対応できる何かよりも、トヨタ車のオーナーだったら、どこいっても駐車場が無料とか、トヨタ車のオーナーだったら、どの商業施設にいってもバレーパーキングが利用できるとか、トヨタ車のオーナーだったら、高速道路で専用レーンで渋滞と無縁…とか、そういう方がユーザーとしては嬉しいんじゃなかろうか…。

そして、それぐらい社会の仕組みにまで手を入れた、包括的なサービスとプロダクトの提供ができる可能性があるのって、トヨタぐらいの企業なんじゃないだろうか。だからこそ、期待!

(もちろん、トヨタ車に限らず、どのメーカーでもいいんだけど日本勢に頑張って欲しい)

先日、サンフランシスコで開催されたサービスデザインカンファレンスに行ってきたけど、「Service Designer」という肩書きの人がたくさん来ていた。タイトルはタイトルでしかないけど、サービス全体をデザインする、包括的なユーザーエクスペリエンスをちゃんと考えることができる、そういう文化を持つ企業は多分増えている。そしてこれからますます大事になるであろう、と思っているところだったので、ちょっと食いついてしまいましたw

トヨタ未来カーライフ研究所
http://www.toyota.co.jp/toyotacarlifelab/

Share/Save

San Franciscoまとめ記事

Posted in San Francisco, まとめ記事 on 10月 29th, 2011 by chibirashka – 3 Comments

San Francisco

10月19日〜22日まで、サンフランシスコに行ってきた。
Service Design Global Conferenceに参加するため、コンセントメンバー(長谷川さん、しおくん、ジョージと私)の4人で。

午前中にSFOに到着する予定が飛行機が遅れたりして、結局お昼ぐらいに到着になり、午後はAdaptive Pathでのミーティングがあったので、観光できるとしたら、初日の夕方と22日夜のフライトまでの半日、という感じだったけどそれなりに満喫できたので、カンファレンス部分以外のところについての備忘録。

初サンフランシスコだったけど、天気にも恵まれたし、ちょうどいい気候で、とても気持ちのいい滞在だった。ダウンタウンなら、アメリカにしては車なしでも比較的問題なく移動できるコンパクトな感じだし、買い物とかも(今回はしなかったけど)、日本と変わらない感じでできそうで、とにかく便利。

ま、でも、「絶対にまた行きたい!」と強く思うほどではなかった…。

Golden Gate Bridge

Posted in San Francisco, 建築物・造形物 on 10月 29th, 2011 by chibirashka – 1 Comment

ワイナリーツアーを終え17時頃サンフランシスコに戻ってきた。
私以外のコンセントメンバーは帰国の途につくことになっていて、ホテルに到着するなり預けた荷物を持ってすぐに空港へと。

私は、現在サンフランシスコに長期出張で来ている同期と会う約束をしていたので、ホテルで荷物をピックアップした後、その彼とゴールデンゲートブリッジを見にいった。

ゴールデンゲートブリッジのたもとには、誇らしげに橋の設計者、ジョセフ・バーマン・ストラウスの像が立っている。

golden gate bridge

サンフランシスコは、7月や8月の方が10月よりも寒いらしいのですが、それは霧が濃く出るから。

なので夏に行くと霧で景色があまり見えないことが多いようなのです。
今回は10月下旬だったので、橋もばっちり全部クリアに見えてラッキー!

golden gate bridge

それにしても巨大な橋ってほんとすごい。

全長2737メートルもあって、メインの支柱間は4200フィート(1280m)もあるって。
この写真は、ケーブルの断面なんだけど、説明書きを見てみると、

golden gate bridge

  • ケーブルの長さは7650フィート(2331.7m)
  • ケーブルの直径は36 3/8インチ(92.4cm)
  • ケーブルの中に入っているワイヤーは27,572本
  • ワイヤーの総使用量は80,000mile(128,748km)

だそうです。

橋が完成したのは1937年。ちょうど75周年記念のようで、花壇がこんなふうになってました。

golden gate bridge

V. Sattui Winery

Posted in San Francisco, ワイナリー on 10月 29th, 2011 by chibirashka – Be the first to comment

おまけというか、ランチで立ち寄ったところもV. Sattui Wineryというワイナリーだった。

v-sattui1

v-sattui2

奥でテイスティングもできると言っていたけど、メンバーの誰もテイスティングはしなかったような…。

建物の中に入るとオシャレなデリのようになっていて、サンドイッチやお惣菜が色々売っている。

v-sattui3

v-sattui4

ここで買ってもいいし、外のバーベキューコーナーでピザとかポークとか買ってもいい。

v-sattui5

外は広場のようになっていて、ランチできるようなテーブルに椅子なんかもあちこちにあり、たくさんの家族連れがいた。ワンコさんもいっぱい。

ここを訪れた時、私は酔っぱらいすぎてだいぶグロッキーだったので、ランチを食べることもできず、ただ写真撮ってただけ。

あと、このでかいワンコさんをワシャワシャさせてもらった!

v-sattui6

V. Sattui Winery
http://www.vsattui.com/

Peju Province Winery

Posted in San Francisco, ワイナリー on 10月 29th, 2011 by chibirashka – 1 Comment

Silver Oakを出た後は、Peju Province Wineryへ。

peju province winery

今回行ったワイナリーはどこも可愛らしい!よく手入れされたガーデンに、雰囲気のある建物…。

ワイン飲めない人が行っても、風景やガーデンを十分に楽しめるような気がするな。

peju province winery entrance

入り口を入るとすぐギフトショップになっていて、階段を登っていくと、こんな樽がずらーっと並んだ様子を見ることができる。

peju province winery

ここでもテイスティングできるんだけど、ここの分はツアー代金に含まれているのか、お金を取られることはなかった。

peju province winery

ここでは多分、2007年ぐらいのカベルネとメルローを飲んだと思うんだけど、カベルネの方が好きだったような…。パンフレットとかももらわなかったから記憶が薄い…。

peju province winery

それにしても、今回立ち寄った3ヶ所のテイスティング全部が赤ワインだった!

ワインってあまり得意ではないと思ってたけど、今回のどのワイナリーで飲んだワインも全部美味しくて、これからはいつもワイン飲んじゃおうかなーと思うほどだった。

おかげで恐ろしく酔っ払いましたが…。

こうなったらあちこちのワイナリーに行ってみたい!

Peju Province Winery
http://peju.com/

Silver Oak

Posted in San Francisco, ワイナリー on 10月 29th, 2011 by chibirashka – 1 Comment

Opus Oneの次に向かったのはSilver Oak。向かったというか、車だとほんの数分で着いてしまう。

silver-oak1

silver-oak2

こちらでは、「これぞテイスティング!」という感じのテイスティングが$20で体験できる。

silver-oak4

$20でこの3種類をテイスティング。

  • 2007年カベルネ100%(2007 Alexander Valley Cabernet Sauvignon)
  • 2006年カベルネとメルローのブレンド(Napa産)
  • 2003年のカベルネ100%

私は2番目のが一番好きだったな。適度な複雑さがあって。

巨大なワインセラーも。

silver-oak3

おもてにはパンプキンがいっぱい。ハロウィンの季節だなー。

silver-oak5

Silver Oak
http://www.silveroak.com/

Opus One Winery

Posted in San Francisco, ワイナリー on 10月 29th, 2011 by chibirashka – Be the first to comment

22日(土)、朝からみんなでナパバレーのワイナリーツアーへと出かけた。
ワインテイスティングがメインのツアーなのに、誰かがドライバーになってレンタカーというわけにも行かず、オプショナルツアー的なやつで。

私たちのパーティのほか、2名の日本人女性を別のホテルで拾ってから出発。

バス乗ってるだけで到着するのでラクちん。しかも日本のツアー会社なので、説明も日本語だしぼやっとしていられる。

まず最初に立ち寄ったのは日本人に大人気のOpas One。

ロスチャイルド家と、ロバート・モンダヴィワイナリーのオーナーによって創設されたとこです。

opus one4

あまりの人気なので予約取らないとダメみたいですよー。

駐車場のすぐそばからぶどう畑。

opus one1]
美術館のような建物はゴージャス。

opus one2

opus one3

レセプショニストがいるエントランスを抜け、回廊を通ってテイスティングルームへ。

opus one5

と思ったら、テイスティングというか、普通に1杯お金を払って飲む、という感じ。

opus one6

グラスにたっぷり注がれたOpus Oneを持って、階段を上りテラスでぶどう畑を見ながらワインをいただく。

opus one7
天気もいいし、なんて最高な週末なんでしょう!

ちなみにこちらのワイン(2007)、グラス1杯$35。
ボトルを買うこともできるんだけど、1本$210でした!

Opus One Winery
http://en.opusonewinery.com/

Japan Town

Posted in San Francisco, カフェ・レストラン on 10月 29th, 2011 by chibirashka – 1 Comment

カンファレンス終了日の夜、コンセントメンバーと、Z社の前田さんと、現地で合流した2名の日本人と(名前出していいかわからんのでとりあえず伏せておく)7名で、お寿司を食べに行くことに。

最初ユニオンスクエア周辺で探していたけど、日本食大人気でどこいっても大行列だったので、タクシー拾ってジャパンタウンに行ってみた。

japan-town1

すごい五重塔がある!

japan-town2

近鉄のれん街というのがあり、

japan-town3

その中にあった、この人数で入れそうなお店「Mifune Don」に入って注文したんだけど、激しい注文の仕方だったので、昼の中華に引き続き、夜のジャパニーズもテーブルがすごいことに!

まずはもちろん日本のビール。

japanese-beer

sushi1

sushi2

sushi3

sushi4

sushi5

しかし、さんざん寿司を食べお店を出る段になって、実はここはうどん屋さんだったというオチが…。ま、日本食食べれればどこでも良かったんだけどさ。

China Town

Posted in San Francisco, カフェ・レストラン on 10月 29th, 2011 by chibirashka – 1 Comment

カンファレンス2日目のお昼、ホテルに用意されたランチを食べるのはやめて、歩いて15分ぐらいのところにあるチャイナタウンに行ってみることに。

chinatown

何かアテがあったわけでもなく、適当に歩く。

chinatown2

そして、適当に見つけた「Four Seas Restaurant」というお店に入ってみる。

four-seas-restaurant

全員が全員麺を頼んだので、テーブルはものすごい状況に!

chinatown3

時間がなかったので、とにかく急いで行って、とにかく急いで食べて、とにかく急いで戻る…という感じだったけど、今回は行けないかと思っていたので、行くことができてラッキー。

Franciscan Crab Restaurant

Posted in San Francisco, カフェ・レストラン on 10月 29th, 2011 by chibirashka – 1 Comment

Pier2のAdaptive PathからTCHOやSea Lion見物など、Fisherman’s Wharf近辺をだいぶ歩きまわった後、日も暮れてきたので夜ご飯を食べに入ったのがFranciscan Crab Restaurant。

franciscan

以前、長谷川さんがHCIIでサンフランシスコに来た時、安藤先生と来たことがあるとか。

階段を登って入り口を入ると、カニがお出迎え

crabs welcome you at the franciscan

窓からはサンフランシスコ湾を眺めることもでき、雰囲気が良い。
私の大好きなCrab cakeもあったし、さいこー!

crab-cake

ムール貝も。

mussel

カニを1匹頼んだらものすごくでかかった。

huge-crab

BIG DADDYというローカルのビールが美味しかったな。ちょっと苦いめ。

big-daddy